防カビコーティング

カビが発育する条件はまず栄養。
デンプンなどの食品だけでなく、ガラス面、タイル面、コンクリート面、などまで栄養源にします。
次は温度。
ほとんどのカビは5℃~35℃の範囲で発育しますが、20℃を超えると急に活気づきます。
3つ目は水分。
じめじめした場所が大好きです。

こういう発育条件が当てはまる場所や物は、家の内外にたくさんあります。
最も発生する場所は浴室、洗面所、キッチンなどの水回りですね。
中でも浴室はカビの好む4条件がすべてそろっています。
また、サッシ窓のガラスまわりのゴム目地、パッキンもカビ生育にピッタリ。
防カビ対策で快適生活を。

身近にある小さな病原菌

住まいを汚染するカビは私たちの健康も狙っている!
カビが皮膚から進入して病変を起こす表在性と、呼吸で体内に侵入して障害を及ぼす深在性があります。
水虫、タムシ、おむつかぶれ やガンジダ症などが表在性の真菌症です。
健康であれば 感染することがないのに、他の病気のための抗生物質の使用、手術後の免疫抑制剤などにより真菌に対する体の抵抗力 が弱まると、真菌の感染症に罹りやすくなります。乳幼児や体力が落ちているお年寄りのいる家庭なども注意が必要です。
<人におこる真菌症一例>

病名 菌名 関係する組織 症状
頭部白癬
(シラクモ)
トリコフィートン
ビオラセウム
頭毛部 炎症、汁が出たり、落屑斑(ラクセツハン)ができ、幹部の毛は折れてバラバラになる。
生毛部白癬
(タムシ)
トリコフィートン
メンタグルフィテス
全身、皮膚の角層 円形または弓状の病巣、足の裏に小水疱ができる。周囲に拡大するにつれて中心部が治る。
汗疱状白癬
(水虫)
トリコフィートン
ルブラム
メンタグルフィス
足の指の間、足の裏、手のひらの皮膚 足の指の間や足の裏の皮膚がやわらかになり、小さな水泡ができ鱗屑(リンセツ)になる。強いかゆみがある。
爪白癬 トリコフィートン
ルブラム
手足の爪 爪の表面にデコボコ、白斑、白条ができ、爪肥厚、爪崩壊をおこす。
カンジダ症 カンジダ
アルビカンス
その他のカンジダ
肺、呼吸器、皮膚、粘膜、爪、角膜 表在性・深在性カンジダ症、内股やおしりのしわ、手足の指の間、乳房下、膣上膣炎。
ムコール症 ケカビ
クモノスカビ
肺、胃の組織 脳、精髄などの中枢神経及び肺、消化管などを侵す。
アスペルギルス症 アスペルギルス
フュミガタス
その他のアスペルギルス
肺の組織、鼻洞 気管支肺炎または肺膿症の症状、慢性では気管支または肺に球菌を形成する。肺アスペルギルス症、外耳道アスペルギルス症。
クリプトコッカス症 クリプトコッカス
ネオフォルマンス
肺の組織 皮膚結核様病巣が首にできる。ハトのフンに多い。
コクシジオイデス症 コクシオイデス
イミディス
気管、肺、内臓諸器官 インフルエンザ類似症状、中枢神経が侵され体重減少、関節の痛み、脳脊髄膜炎。
ヒストプラズマ症 ヒトプラズマー 口腔、喉頭、リンパ系 口の中やのどの潰瘍、貧血になる。この菌はコウモリや鳥のフン、土壌に存在する。
角膜真菌症 アスペルギルス
フザリウム
ペニシリウム
サファエロスペルマ
目の角膜 目の角膜の外傷後に発生、潰瘍性である。ステロイド剤、抗生物質の局所使用後におこる。

防カビコーティングの施工箇所

mold_image
浴室(バスタブ内部), クローゼット(全収納箇所)
下駄箱(全収納箇所) , キッチン(全収納箇所)
洗面所(全収納箇所) , 押入れ(全収納箇所)
トイレ(全収納箇所) , 窓枠(サッシまわり)

防カビコーティング 施工後のお手入れ方法

浴室使用後は24時間換気に心掛けて下さい。
浴室から出る際には、水蒸気をシャワー(水)で落とすことをお勧めいたします。
コーキング部分を硬い物(ブラシ、ナイロンタワシ)等でこすらないで下さい。
防カビコーティングが剥がれるだけでなく、キズが付くことにより汚れが溜まりカビを繁殖させる原因になります。



価格表はこちら 施工例はこちら お問合せ電話番号 オンラインフォーム


  • ペットのためのフロアコーティング 在宅でのフロアコーティング 法人向け